いつでも間に合う

人と人との関係作りは,大人も子どもも同じだと思った。
教育に携わるかたのお話を聞く機会があった。
「幼児期に親が子どもの気持ちを察しながら生活すれば、子どもは人間関係の作り方がわかってくるようになる。」
ということを言っておられたことが印象に残った。
子どもの気持ちをわかろうとする努力を示す。そして示すことで教えるのだと思った。
a0126919_22322025.jpg

子どもと親の人間関係作りは、何歳からやっても遅いと言うことはない。小さいときにできなかったのなら今やればよい。
いつでも間に合う。
この言葉は、私を含め聞いていた人たちに安心を与えてくれたようだった。



Ask for a click if interesting
人気ブログランキングへ
Thanks


[PR]
by fuukapapa | 2010-06-03 22:37 | 日常
<< お下がりでもいいのだ! 上がるかな? >>