<   2009年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧
明珍火箸
姫路の代表的な伝統工芸品「明珍火箸」(みょうちんひばし)
その澄んだ音色と余韻は全国的にも有名である。

糸で吊した2本の火箸が触れ合うと、澄んだ音色が深い余韻(よいん)を残してどこまでも響き渡る。
楽器としても高く評価されている神秘的な音色。
この明珍火箸の独特の「音」の秘密は、専門家の研究によっても解明できないという。
鉄の鍛え方が特殊であるらしいが、理論や数値では表せない。
熟練の職人が体で覚えた微妙な焼き加減、打ち加減を要する、秘伝の技からのみ生み出されるのだ。

明珍火箸の「音」は、オーディオメーカー「ソニー」のマイクの音質検査にも使用されている。
マイクの音質性能は、拾った音を再生する際、いかに生の音に近づけられるかが重要な判断基準となる。
それをチェックするための音源に、明珍火箸が最適とされている。
採用理由は、音色と余韻に優れ、音に安定性があること。
日本を代表する世界企業・ソニーの最先端音響技術、その一端を明珍火箸の伝統技術が担っている。
音色に魅せられた冨田勲やスティービーワンダーなど国内外のミュージシャンからも絶賛されています。
a0126919_1652892.jpg


明珍家の祖は甲冑師の名門で、代々鎧・兜(よろい・かぶと)を製作してきた。
明治以降はその鍛造(たんぞう)技術を生かして火箸を作りはじめる。
質を落とすことなく、甲冑と同じ鍛え方で1本1本に精魂を込めた明珍火箸は好評を得た。
第二次大戦の金属回収令で鉄の供出を強いられ、断絶の危機を迎える。
やがて終戦。何もかも失った状態で先代が仕事を再開しはじめた1960年、明珍さんは家業を継いだ。
しかし燃料革命による石油・ガス・電気器具の台頭で火箸の需要は減少する一方となり、窮地に陥った。、
「技術を絶やすわけにはいかない。それは文化を潰(つぶ)すことですから」。
そこで火箸の「音」に着目し、試行錯誤の末に風鈴を考案した。

ジメジメしたこの時期に、澄んだ音色で癒されてはどうでしょう。

明珍火箸本舗
・所在地 姫路市伊伝居上之町112
・連絡先 電話(079)222-5751
[PR]
by fuukapapa | 2009-06-30 18:45 | 日常
KIRIN ”FREE”
沖縄では梅雨明け宣言がされたそうだ。
いよいよ、近畿地方にも本格的な雨のシーズンになりそうだ。
とは言いながら、昨日は雨の予報であったが、1滴も降らずいい天気。
午前中は、娘二人を自転車に乗せ(違反行為)、近くの公園に。
昼食は、飾磨にあるWa Daining 木の香へ。

噂のノンアルコールビール「FREE」を一気呑み。
a0126919_2314053.jpg
a0126919_2315072.jpg
 もう二度と呑みません。。。
[PR]
by fuukapapa | 2009-06-29 23:11
娘の音楽センス
上の娘は2年前からヤマハ音楽教室へ通わせているが、ようやくだがそこそこ鍵盤を叩けるようになってきた。
a0126919_2217415.jpg

教室に週1回通う程度だと、当然上達の見込みなし。
毎日15~30分程度練習を重ねている。

私といえば、我流でギターを弾いてきた身であり、ピアノもそこそこ弾けたりなんかするので、
まだまだ娘のレベルにはついて行け、あれこれ知ったかぶりして指導まがいなことをしている。


あまり適当なことをいうと家内に叱られるため、
気持ちよく練習が出来る環境作りに徹している日々だ。
a0126919_22181760.jpg
邪魔をしないようにパチリ。
[PR]
by fuukapapa | 2009-06-28 22:19 | 日常
消える「せいでん」
60年以上にわたり兵庫県内で親しまれた家電量販店「せいでん」の名前が、6月末で消えることになった。
同業最大手のヤマダ電機(群馬県高崎市)は26日、子会社の星電社(神戸市中央区)が運営する全8店舗の名称を、7月1日に変更すると発表。
三宮本店は「LABI三宮」、姫路、豊岡など残りの店は「テックランド」になる。

私も中学時代から姫路のメインストリートにあった「星電社」と呼ばれていた頃から通っていた。
姫路市内にも数点店舗があり、電気製品などはこちらで購入していた。
当時としては大型電気店であり、レコードなども置いてあった。
中学時代に入り、自分でレコードを買うようになり、こちらの店舗で必ずと言っていいほど購入していた。
忘れもしない、最初に買ったLPレコードがアリス「Alice Ⅴ」
「遠くで汽笛を聞きながら」を聴きたくて、ひとりで買いに行ったなぁ・・。
それからアリス熱が始まり、新譜が出ると「星電社」へ。

しかし、2001年1月に民事再生法の適用を申請し経営破綻(はたん)。
2007年にヤマダが完全子会社化した。
こんなニュースを見ると、時代の流れに乗り切れなかった「せいでん」に切ない気持になってしまった。



写真は記事とは全く関係なく、いつもの風景。

昨年完成した「JR はりま勝原駅」
a0126919_0142390.jpg
a0126919_0143641.jpg

通勤路から見える「POLESTAR MARINE ENGINEERING CO., LTD.」お洒落だ。
a0126919_0145014.jpg

[PR]
by fuukapapa | 2009-06-28 00:18 | 日常
ゆかたまつり
姫路に夏の到来を告げる風物詩・ゆかたまつりが6月22日、23日にわたって行われました。
姫路でまつりといえば、秋祭りで屋台(やたい)が出るというのが相場なのですが、
このゆかたまつりは取り立てて何があるわけでもなく、単に露店の数が800を超えて日本一とも言われ、
浴衣を着た人が多いだけのまつり。
とりたてて何もない分、思い思いに好きな人と過ごすことができるのが最大の特徴と言えるかもしれません。

意中の人とクリスマスイブを過ごしたいと思う気持ちと、ゆかたまつりに一緒に行きたいというのと、
姫路の方はどちらが強いでしょうか。
私個人的には、彼女に浴衣を着せてあげて、一緒に歩いた経験がない分憧れますね。

考えてみればクリスマスイブは流入文化、ゆかたまつりは典型的な和文化。
和文化を尊ぶ姫路と、このゆかたまつりは絶妙の組み合わせです。

外国人観光客も見かけましたが、日本の文化である着物姿の男女をこれだけ大量に見ることができたら、
随分インパクトがあり、もうけものだったでしょうね。
日本を代表する「夏の祭り」として、海外にも積極的に売り込んでいくべきでしょうね。
a0126919_8572658.jpg


この秋からお城の大改修が本格的に始まるそうです。
ライトアップされた白鷺城を背景にした、ゆかた姿はしばらくお預けなのでしょうか。
[PR]
by fuukapapa | 2009-06-27 08:48 | お出かけ
いつもの風景
a0126919_1725539.jpg


幼少の頃より見つめてきた、大手製鉄会社の工場の煙突。
ここ数年は、煙の数と勢いが小さくなったように思える。
[PR]
by fuukapapa | 2009-06-26 18:02 | 日常
いつもの風景 ~庭先の花~
a0126919_17275181.jpg


悲しいかな、カメラを持ち歩くようになってから、花の美しさに目が行くようになった。
これから、機会があればレンズを傾けよう。
[PR]
by fuukapapa | 2009-06-25 18:27 | 日常
いつもの風景
a0126919_1730771.jpg
a0126919_17301839.jpg
a0126919_17423642.jpg

[PR]
by fuukapapa | 2009-06-24 17:26 | 写真
Holiday in Kagawa Photo Ver,2
a0126919_2152321.jpg
a0126919_21521261.jpg

[PR]
by fuukapapa | 2009-06-23 21:53 | 家族
Holiday in Kagawa Photo
5月の連休の旅行の写真から

a0126919_2252484.jpg
a0126919_22521255.jpg
a0126919_22522188.jpg
a0126919_2252367.jpg
a0126919_2252432.jpg
a0126919_22525019.jpg


続きを読む
[PR]
by fuukapapa | 2009-06-22 22:54 | 家族